被害を防ぐ対策

SONY DSC

日常生活を脅かす要因の1つとなっているのが、害虫です。
害虫は住宅や作物などに色々な被害をあたえるだけでなく、時には人体や命にまで深刻な影響を及ぼす場合があります。
スズメバチ、ゴキブリ、蟻などもその1つであり、スズメバチに関しては年間20人前後の人が刺害によって命を落としています。
このような被害を防ぐためや改善する対策として、害虫の駆除が行われます。

家を崩壊させる

害虫の中でも厄介者として知られているのが、シロアリです。
シロアリは「家を食べてしまう蟻」として知られており、「窓の開け閉めが快適でなくなる」「床がブカブカする」など色々な症状が現れます。
また、そのような症状だけでなく、住宅の耐久性までも低下させてしまう恐れがあります。
実際に地震などの災害が起きた時、シロアリの被害が生じていた住宅は、他の住宅と比べて崩壊しやすいというデータもあります。

早めの判断

被害

シロアリによる被害の中でも、最も恐れられるのが建物の耐久性の低下です。
耐久性が低下してしまった建物は、地震が起きた時にその揺れや衝撃に耐える力が十分ではありません。
その結果、崩壊へと繋がるのです。
万が一地震がきた時にもしっかりと耐え抜ける建物で有る為にも、シロアリの駆除は必要です。

シロアリは一見体が黒い蟻と見わけがつきにくいですが、良く見ると触角や体のラインなどに違いがあります。
その為、羽蟻を見かけた時であってもそれらの特徴を知っていれば、シロアリかどうか早めに判断できます。
早めの判断は、シロアリの駆除を行なうにあたっても非常に重要です。これにより、シロアリの被害が更に広がるのを駆除で事前に抑え、耐久性が高く快適な建物に作り直せます。