場所を把握

アリ駆除を行なうとなれば、効果のある駆除を行なうのが大切です。
その為、事前にシロアリの被害がどこで起きているのかしっかりと把握しておく必要があります。

シロアリの大半は、地中から建物内部に侵入します。
それもあってか、被害が起きやすい場所として「床下」があります。
床下は、シロアリにとって絶好の住処であるとも言えます。それは、シロアリが日光や乾いた空気を嫌うためです。
床下は日光が当たらず、場所によってはじめじめと湿気が多い場所があります。
キッチン、トイレ、浴室などの下にあたる床下は、湿気が多く温かいため、シロアリが特に住処として好みます。
その結果、これらの場所に被害が多く見られます。

調査を依頼する

シロアリの被害が起きやすい床下は、蟻の駆除業者によって調査してもらえます。
駆除業者は、床下の柱やコンクリートの状態や湿度などを調査し、シロアリの被害を突き止めます。
シロアリや調査に必要な知識はもちろん、長年の経験も備えている為に被害の見落としをせずに確実な調査が依頼できます。

調査が負えると、その結果が依頼者には報告されます。
報告を行なう際は、床下の様子を撮影した写真や映像を備えて行われる場合もあり、依頼者も被害の様子をしっかりと理解できます。