同じ仲間でない

蟻には、体が黒いのが特徴である黒蟻と、白い体をもつシロアリがいます。
一見、これらは二つは同じ仲間に属する虫に見えます。
しかし、黒蟻とシロアリは、それぞれ別の種類に区分されています。

体が黒いのが特徴である黒蟻は、「ハチ目」に区分される生き物です。
つまり、スズメバチやアシナガバチといった蜂と同じ仲間であると言えます。
それに対しシロアリは、黒蟻と同じ仲間には属しておらず、ゴキブリ目に区分されます。
このように、黒蟻は蜂の仲間でシロアリはゴキブリの仲間といったようにそれぞれ別の種類になります。

鉄骨や鉄筋構造

ゴキブリの仲間であるシロアリは、他の生き物同様に生命を維持するために食料を必要とします。
食料となるものは特に限定されているのではなく、「何でも食べる」のが特徴です。
その為、住宅の木材はもちろんのこと、断熱材、コンクリート、レンガなど色々なものに被害が及びます。

また、このような何でも食べるという特徴から、木造住宅のみがシロアリの被害対象とはなりません。
木造住宅の他にも、鉄筋や鉄骨構造の住宅もシロアリ被害がおきる建物であると言え、シロアリ駆除が必要となります。