大掛かりな作業

シロアリ駆除は、時に大掛かりになる場合があります。
それは床下に薬剤を塗布したり、建物内部に薬剤を注入しなければならないケースもあるからです。
こうなれば、畳をあげて床下に潜り込む作業や、コンクリートの壁や床にドリルで穴をあける作業などが必要です。
また、被害の進行度合いによってはリフォームなどの修繕作業が必要になります。

このように大掛かりな駆除であれども、蟻の駆除業者はその作業をしっかりとこなします。
これによって、表面上だけでなく内側からシロアリの被害を根絶できます。

様々な方法で

蟻の駆除業者によって行なう駆除には、木部処理、土壌処理、ベイト工法などいくつかの方法があります。

木部処理や土壌処理は、建物、床下、建物周辺の土壌や木材に薬剤を使用する駆除方法です。
薬剤が散布された土壌や塗布された土壌や木材は、シロアリをしっかりとブロックします。
また、この効果は一時的なものでなく「5年間」継続するのが特徴です。

土壌処理や木部処理の他にも、ベイト工法があります。
ベイト工法は、シロアリに薬剤を巣に持ち帰らせるのが狙いの駆除方法です。
その結果、シロアリの巣や巣に潜むシロアリを根こそぎ駆除できます。