早期発見

シロアリ駆除を効果的に行なうポイントの1つが、「早期発見」です。
シロアリは普段は人目につかない場所で生活をしている特徴があり、被害にはなかなか気が付かない場合が多いです。
その為、気がついた時には被害がかなり進行しており、アリ駆除や建物の修復工事などに多大な費用がかかることも珍しくありません。
そこで、シロアリの被害のサインを事前に知っておくと、被害を見逃さずにすみます。
それに、前述したようなアリ駆除にかかる余分な費用や手間も削減できます。

サインを知っておく

シロアリの被害は、目につきにくい床下や建物内部で起きている場合が多いです。
このように目につきにくい被害ではあるものの、いくつかのサインがあります。

床を歩いてブカブカして不安定さを感じた場合も、被害のサインのひとつです。
これは、床の木材がシロアリによって食され、本来の耐久性やバランスを失っているからです。
また、柱を叩いた時に中が空洞状になっているかのような音が聞こえた場合も、シロアリ被害のサインになります。
これは、柱の柔らかい内部がシロアリによって食べられている為に、中から空洞音が聞こえます。
その他にも、ドアや雨戸の開け閉めに音がでたりスムーズに移動できなかったり、羽アリを見かけるなどがあります。

このようなサインを見た場合は、蟻の駆除を専門としている駆除業者ヘ依頼するなどの対策が必要です。